【男なら持っておきたいミリタリー】ミリタリー界の名作、M-65フィールドジャケットを着よう。

唐突だが、あなたはどういった服選びをしているのだろうか??

「個性を表現するため」「カッコよく思われたいから」「TPOに合わせ、周りの雰囲気を壊さないため」「衣食住の衣として」など、その人の考え方によって様々であろう。

 私は服選びの一つの基準に「男らしくあるため(女らしくあるため)」といった考え方があっても良いと考えている。

「男は男らしく」という言葉は古風的な考え方ではあるが、私は「かっこよさ」の本質を成している部分であると考えている。

そこで今回は、M-65フィールドジャケットについて取り上げる。

M-65 とは??

 M -65とはアメリカ地上軍の65年型の軍人に支給されていた被覆である。朝鮮戦争で使用されたモデルの後継として開発され、2008年度に発注されたM-65の軍への納入が完了するまで、40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。ベトナム戦争以来多くの人々の目に触れることになった。

また、ミリタリーアイテムは実用的なディテールが数多く、民間用としても使用されているアイテムが数多くある。その中でM-65は代表的なアイテム。フィールドパーカーだけでなく、フィッシュテール、パンツも街着として根強く浸透している。現在では、タウンユースしやすいだけでなく、独特のディテールからファッション性が評価されており、数多くのファッショニスタも愛用している。

フィールドジャケットの無骨なディテールを見てみよう!

 M-65の中でも、もっとも日常着として着用しやすいのがフィールドジャケットである。

 M-65フィールドジャケットは使用された年代で1st,2nd,3rd,4thが存在する。それぞれディテールや使われているジップが異なり、知れば知るほど奥深いアイテムである。

1st

1st型

 1st型の大きな特徴として肩のエポレットがない。

ミリタリー=エポレットと言っても良いほど、馴染み深いディテールだが1st型には存在せず賛否が分かれるところであろう。

個人的にファッションとして着用するなら、エポレットがない方が好きである。どうしてもエポレットからミリタリー臭さを感じてしまうため、他のアイテムと合わせづらい。今回の1st型はデニムはもちろん、綺麗なスラックスと合わせてもカッコイイと思う。

 また、1st型はわずか一年間で2nd型に変更されてしまったため、市場には滅多に出てこない。

2nd

2nd型

 

 2nd型で肩のエポレットが復活する。そもそもエポレットとは、水筒や双眼鏡のストラップが滑り落ちるのを防いだり、階級を示すバッジをつけたりする役割を持っており、当時の軍がやはりエポレットは必要だと判断したのであろう。

ジップ

 また2nd型は使われているジップがアルミジップである。このことから2nd型は通称アルミと呼ばれている。

アルミジップは真鍮では決してあり得ない光沢感が男心を擽る。前モデルのM- 51フィールドジャケットではアルミジップが使用されており、前モデルとの関係性を感じられることからアルミジップに拘る方も多い。

 2nd型から軍服としてだけでなく、街着として注目され始める。その大きなきっかけとなったのが、映画 TAXI DRIVERでロバート・デニーロ演じるトラヴィスが着用したことである。

ロバートデニーロ

上のように缶バッチをつけて着用することで、よりアメリカライクな着こなしをして見るのも良いだろう。

3rd

3rd

 

 2nd型と3rd型の大きな違いはジップがアルミから真鍮に変わったことである。

上の写真のように黄銅の金属である真鍮がジップとして採用される。真鍮とは銅と亜鉛の合金であり、5円玉の素材としても使われている。

そのイメージから「安っぽい」と言ったイメージを持つ人が多いのも事実である。しかし、個人的には真鍮のジップの方が好きである。ミリタリー独特の緑と真鍮の暖かみのある鈍い光沢感がとてもよくマッチしている。

 また3rd型からライナーが装着できるようになる。防寒性がより高まり、さらにタウンユースしやすいアイテムになった。

4th

4th


 4th型になるとフロントのジップがプラスティック製となる。このプラスチック製のジップが意外と壊れにくい。また年代が比較的新しいので、古着を挑戦する方にはオススメのアイテムである。

プラスチック

 上の写真がプラスチック製のジップである。こう見てみるとそこまでチープに見えず、これはこれでカッコイイのではないだろうか?