【社会人必見!】服好きがガチで選ぶおしゃれなおすすめネクタイのブランド5選

今年度から新社会人として社会の入り口に入った方々、まずはおめでとうございます。そして年度が替わり、新たな試みをする社会人も多いだろう。

そんな新年度だからこそ気分転換にネクタイを購入することをオススメする。

紳士たるもの、Vゾーンは一番その人の第一印象が決まりやすいといいう。そんな箇所こそこだわりを持ってオシャレしてみてはいかがだろうか。

今回は社会人にオススメする、服好きである私が厳選したネクタイのブランドをいくつか紹介していきたいと思う。

オシャレなネクタイのブランド

FRANCO BASSI/フランコ・バッシ

FRANCO BASSI / フランコバッシ

ネクタイの聖地といえばヨーロッパ。数々の名ブランドを生み出している。

フランコバッシとは1973年にイタリア北西部にある世界的に有名なシルクの生産地、コモに設立されたブランドである。ファミリー経営を基盤として、機械ではなくて手でこだわりぬいて作られている。

なんといっても特徴はバリュエーションの豊かさだ。

シーズン毎に約300種類ものデザインを発表し、冬はウールとカシミヤ、夏はシルクとリネンなど素材にこだわっている。そして現在も縫製はコモで行われている。

Drake’s/ドレイクス

Drake's ドレイクス

人気のお店、アナトミカにも取り扱いがあることで知られていることも多いであろう、ドレイクス。筆者も愛用しているブランドの1つである。

1977年にアクセサリーデザインを勤めていたマイケル。ドレイクによって設立された。ネクタイだけでなく、クオリティの高いウールやシルク、カシミヤを使用したスカーフや小物をリリースしている。

なんといっても、時代の流れに敏感だが、そのなかでも常にトラッドマインドが溢れるイギリスらしいデザイン(右斜め上がりの英国式ボーダー)。

天然繊維のみ使用しているので品質は間違いなく高いのである。

JOHN COMFORT/ジョンコンフォート

John Comfort(ジョンコンフォート)のTIE。

Mr.John Comfortは1908年、ロンドンにてハンドフレームのニットタイの生産を始める。1920年に会社名をJ. Comfort and Company Ltd. とし、ニットタイの他に織りとプリントのネクタイ、そしてスカーフやポケットチーフ等が新たに商品ラインアップに加わる。1930年代にはハンドブロックでプリントされたエンシェントマダーやレジメンタルストライプ、さらにはMacclesfield製織物などをクラシックコレクションとして次々に展開する。

ドレスを彩るネクタイ。一風変わったデザインを求めているならオススメである。

TIE YOUR TIE/タイユアタイ

  TIE YOUR TIE

タイユアタイはドレス好きの人なら間違いなく知っているであろう有名ブランドである。世界一有名なタイブランドだろう。

イタリア随一の洒落者と呼ばれるフランコミヌッチにより1984年にフィレンチェにて創業。
 
1800年代中期の古き良き時代のカラーやデザインにインスピレーションを得ながらも現代にマッチする洗練されたスタイルは、最高級の生地と熟練した職人の技により、世界中の洋服好きを虜にする魅力を放っている。
 
そんなタイユアタイを象徴するのがSette Pieghe(セッテピエゲ)仕立てである。
イタリア語で7つ折という意味を指すその名の通り、芯地や裏地を一切使わずに一枚の生地を丁寧にハンドメイドで折り込んでいる。
そのため通常の倍近い生地を必要とし、現在ではごく限られた職人にしか作れないほどの高度な技術によって生み出され、まさに芸術品と呼ぶに相応しい贅沢な仕上がりなのだ。

その生地感はまるでスカーフを巻いているかのようだといわれている。

値段がかなり高いので金銭的余裕がある人は購入してみてほしい。1本25000円ほどするので慎重に選ぼう。

Salvatore Piccolo/サルバトーレピッコロ

サルヴァトーレ ピッコロ Salvatore Piccolo

こちらは世間的にもかなり有名なブランドなのではないだろうか。

青年期よりシャツに関わる仕事に従事することを決意していたサルバトーレピッコロ。なんと16歳で独立し、シャツを専門とする仕立屋に。その後自分で名前をあげてブランドを立ち上げる。

最高級の着心地、クオリティにこだわっているので、新しいスタイルを求めて飽くなき探求を続けている。

まとめ:社会人でもオシャレに敏感に

いかがだっただろうか。

多くのサイトが何個もブランドを挙げているので何が本当に良いネクタイか分からない人も多いだろう。しかしこの記事で取り上げたものはショップの店員などもオススメ、業界からも評価が高いブランドだ。

ポールスミスが定番となっている紳士用ネクタイ。悪くは無いが業界人からすればいかがなものだろうか。

本当にオシャレになりたいならネクタイにこだわろう。