【BEAMS】ビームスがなぜ人気なのか?ビームスを支えるおすすめブランド3選。

日本で一番有名なセレクトショップといえば「BEAMS」ではないでしょうか?

都会のモールの中にはなくてはならないお店。服好きの大人がビームスで買い物されているところをよく見かけます。服好きの大人はみなビームスで服を買っている印象です。

なぜ「ホンモノ」の服を知っている大人はこぞってビームスを選ぶのでしょうか?その背景に迫っていきます。

なぜ服好きはBEAMSを選ぶのか??

ビームス 店舗

【BEAMS/ビームス】

■概要 1976年に設楽悦三氏が日本で創業したセレクトショップ。株式会社ビームス、株式会社ビームス クリエイティブの代表取締役の設楽洋氏は創業者の子息で、前職は電通の広告マン。輸入製品だけでなく自社オリジナルブランドの衣服、雑貨を取り扱っている。BASIC & EXCITINGをテーマにしたメンズカジュアルブランド、BEAMSを中心に、レディース、子供服など幅広いラインナップを展開。老若男女から愛されるレーベルの代表格と言える。

■歴史 ビームスを開業する以前、段ボールなどの製造会社の経営に携わっていた設楽氏は、紹介を受けた重松理(ユナイテッドアローズ創業者、会長)を店長として76年、原宿に6坪の洋品店「AMERICAN LIFE SHOP BEAMS」を開業。アメリカ西海岸のLA、ヨーロッパなどから買い付けた、カジュアル衣料の販売で大きな反響を得た。この成功を足掛かりに、翌1977年には2店舗目を渋谷にオープンするなど、事業を一気に加速させた。80年代の飛躍は目覚ましく、重松理を中心とするバイヤー陣が新たなレーベルを生みだし、顧客層を拡大。更なる集客を得た。ただこの頃、重松理と社員30名が一斉に辞表を提出し、競合となるセレクトショップ、ユナイテッドアローズを設立。両者のライバル関係は今日まで続いている。このお家騒動からの立て直しを支えたのは、若手のバイヤー達だった。若い感性を押し出した、カジュアル路線で支持を得る形となり、新生BEAMSとして販路を拡大。現在までに、国内、海外に多くの店舗を出店し、日本だけでなくアジアでの存在感を増している。モノを通して文化をつくる“カルチャーショップ”を目ざし、インテリア、音楽、アートなど、ファッション以外の分野にも積極的に進出している。

■企業体制 株式会社ビームスホールディングスを持株会社として、BEAMSを立ち上げて以来、グループ企業の経営統括を行う新光株式会社アパレル事業部を中心に、オリジナルレーベルの製造・販売と海外輸入を扱う株式会社ビームス、商品開発や店舗開発、マーケティング、販促に関わる業務を担当する株式会社ビームス クリエイティブの4つの組織で構成。2015年2月時点での総従業員数は1724人。株式会社ビームスはロンドン、パリ、ミラノ、ニューヨークにもオフィスを構える。時代の流れを敏感に感じ取る嗅覚と対応力を武器に、柔軟なビジネススタイルに定評がある。ショップは都内だけで46店舗に達し、全国各地や海外にも出店している。

■商品展開 基幹ブランド「BAEAMS」、エレガント路線の「BEAMS F」、世界感覚のトレンドを取り入れた「インターナショナルギャラリー BEAMS」、飽きのこない定番男服をコンセプトに据えた「BEAMS+」、コーディネートの多様性を追求したレディースライン「Ray BEAMS」をはじめ、バッグ専門レーベル「BEAMS LUGGAGE」、Tシャツ専門レーベルやゴルフウェア、インテリア雑貨を扱うラインも充実させている。空間事業にも進出しており、BEAMSの企業理念を受けた文化発信空間「B GALLERY」を運営し、各界で過\津役する新進気鋭のアーティストをBEAMSスタイルで発表。ゲストの新たな感動を創出する発信地として機能する。

■世界での展開 BEAMS初の海外進出は、2005年5月にオープンした海外1号店の「ビームスボーイ」の専門店舗。その後、日本の文化に親しみを持つ中華兼を中心にアジア域内での拡大を進め、現在は香港3店舗、中国・北京2店舗、同上海1店舗、台湾・台北2店舗、同新北1店舗、タイ・バンコクに2店舗の計11店舗をアジア域内に構えている。

引用:https://www.vogue.co.jp/tag/beams

BEAMSがファッション業界で頭角を示したのは1990年代ごろ。

この時期は、バブルが崩壊したこともあって人々のファッションが大きく変化した。以前は「奇をてらった服を着てクラブで朝まで遊ぶ。」というのが当たり前の日常だった。しかしその価値観が変わり、人々はできるだけクラシックでシンプルな服を長く着るようになっていった。

そんな時代背景がある中、BEAMSは、まさに人々の価値観の本質を射抜いた。できるだけ着回しのできる服を「おしゃれな服」として、ブランドの服を自由に組み合わせることを提案した
そんな理由からBEAMSのスタッフが提案する着こなしが消費者に受けいれられ、かなりの人数がBEAMSへと流れていきました。

そこからセレクトショップ自体も世の中に幅広く認知され、ブランド名に惑わされず、本当に自分が着たい服、似合う服を選ぶ趣向へと変わっていきました。

『好きな服を自由に組み合わせて着こなしを楽しむ』

これはまさに、近年のノームコアスタイルの基礎作りに繋がったと言っても過言ではありません。

PT TORINO/ピーティートリノ

ピーティートリノ

PT TORINO(ピーティー・トリノ)は、それまでクラシック一辺倒だったドレスパンツの世界に、幅広いデザインソースから取り入れた多彩なバリエーションを揃えた。 各モデルにテーマを設定し、独自のデザインでその世界観を演出。 PTのブランドネームPT TPRINOは、創業地であるトリノへのトリビュートとともに、究極のパンツを創るという強い意志が込められている。

TRAVELLER ノープリーツ スラックス

TRAVELLER ノープリーツ スラックス

裾にかけてテーパードを効かせたスリムなシルエットが魅力。本モデルは、ストレッチ性を持ち合わせたツイル生地が採用され、快適な穿き心地が実現されている。オンオフどちらど着用でき、大人なら持っておきたい一本。

天狗鼻などイタリアのディテールがふんだんに感じられるのも良い点。イタリアライクなスタイルは体型面でも日本人とよく似ており、ぜひ多くの人に挑戦してほしい。

横のシルエットもこの通り非常にクラシックかつシンプル。

最近は太めにスラックスをはかれる方が多いが、自分の体型にあった細めのパンツを履き、ジャストサイズのかっこよさをぜひ体感していただきたい。

BEAMSオンラインサイト(PT TORINO)https://www.beams.co.jp/search/?q=PT+TORINO&search=true

BERNARD ZINS/ベルナールザンズ

ベルナールザンズ

創業者はBernard Zins(ベルナール・ザンス)氏。

1950年代にアメリカに渡って最新の生産方法を学び縫製機器を輸入、1967年、故郷である、フランス北部Lens(ランス)にてパンタロン(トラウザーズ、パンツ)専業工場を設立したときから歴史が始まりました。

1970年代からはフランス老舗メゾンのFemme&Hommeコレクション「HERMES 」「Louis Vuitton」「LANVIN」 等に始まり、創業当時の「HEMISPHERES」「ARNY」「Marcel Lassnce」「OLD ENGLAND」の等フランスのほとんどのブランドを彼らが手掛けた事をきっかけとして 確かなクオリティが賞賛され 高い評価を受けるようになりました。

1984年には、アメリカ ニューヨークのマーケットに本格的に進出しました。

それは、現在も続いており アメリカのみならずイタリアをはじめとするヨーロッパ各地で今もなお 根強い顧客に支持されております。

現在 フランスでは数少ないパンタロン(トラウザーズ、パンツ)専業ブランドのひとつであり、アメリカから40年以上も前に輸入された機械の一部はいまだに活躍しており、細部においては、昔ながらの手縫いでの工程も頑なに続けております。

引用:http://www.brshop.jp/brandstory/2013/12/bernard-zins.php

BEAMSがbernard zinsに別注をかけているアイテムについて見ていこう。

2プリーツ パンツ

ベルナール 2プリーツ 

手に入れたい正統派アイテム2プリーツが施されたボリュームのある腰回りや、深めに設定された股上が特徴のスラックス。生地は、通気性が良く、快適な穿き心地を叶えるストレッチウール素材を採用しています。日々の装いをさりげなく格上げする上品な人気モデル。

仕様について:2インプリーツ/ベルトループ/ジップフロント 

 VENICE ホップサック ワイドパンツ

フレンチムードを軽快にをコンセプトされたパンツ。ミリタリーパンツをベースに、2プリーツ仕様と深い股上、バギーシルエットが特徴。生地は、ソフトな風合いのホップサック素材が採用され、軽やかな穿き心地を実現しています。ジャケットスタイルやタックインスタイルを楽しみたい、モダンシックな1本。

モデル:VENICE(エクスクルーシブモデル)
仕様について:2アウトプリーツ/ハイライズ/バギーシルエット

BEAMSオンラインサイト(bernard zinsのサイト)https://www.beams.co.jp/brand/004417/

Cruciani/クルチアーニ

クルチアーニ ロゴ

【cruciani/クルチアーニ】

1966 年ペルージャで創業されたMaglital 社の生み出す、モダンで洗練されたニットコレクション「Cruciani」は、
いまや世界中の名だたるショップで取り扱われ、ハイクオリティなニットマーケットでのブランドイメージを急速に高めています。

紡績、染色、縫製の全てを自社内で行うクルチアーニでは、新しい素材の開発に非常に積極的です。
コットンに様々な加工を施したシリーズ、プリント(Stampato)によって柄を編みこんだような見え方をさせたシリーズ、
内モンゴル産のトップクオリティカシミアを全てハンドメイドで編んだ贅沢なシリーズ・・・。

シルエットはタイト&フィットが基本です。肩からアームホールが小さめにデザインされ、
体のラインにぴったりとフィットするクルチアーニのプロポーションは、
ハンドメイドの上質なジャケットを羽織った時のフィット感、動きやすさと同様、
1 枚で着た時はもちろん、インナーとしてコーディネートする際にも、最高の着心地を約束します。

また、Cruciani はデザインも重視しています。デザインチームは次シーズンのデザインアイデア、
インスピレーションを求めて、世界中を駆け回っています。
決して奇抜ではなく、なおかつクラシック過ぎない、モダンなフィーリングを持った「Cruciani」を生み出す為に、
非常に細かなバランス、デザインが決定されていくのです。

最高のクオリティと常に新しい素材、クラシックの匂いをベースにしたモダンなスタイル、
これらが極めて高い次元でバランスを保っているのがクルチアーニなのです。

引用:http://www.cruciani.jp/philosophy/

cutsew jacket/カットソージャケット

クルチアーニ テーラード

細やかな編みによって一見ニットとは思えない風合いを携えたジャケットは、イタリアの高級ニットメーカー、クルチアーニの新作アイテムです。カジュアルな素材感ながらも、テーラードジャケットのデザインを丁寧に踏襲して制作された一着は、洗練されたモダンな印象に。休日にもきちんと感がほしい大人のための一着に仕上がっています。

素材綿93 ポリウレタン7%
原産国イタリア製
cruciani/オンラインショップhttps://strasburgo.co.jp/brand/cruciani/item/STB0120S3755?clr_id=101&areaid=ebA0002

27ゲージ コットン ショートスリーブ クルーネックニット

クルチアーニ ニット 半袖

シンプルを品良く装うハイクオリティに仕上げられたニット地を使用したクルーネックTシャツ。繊維の1本1本が非常に細く長い最高級ギザコットンを100%使用した本モデルは、とろみ感のあるしなやかな肌触りが魅力です。体のラインにフィットするサイズバランスにより、美しいシルエットと抜群の着心地を実現。上質を知る大人のための1枚です。

素材コットン100%
原産国イタリア製
BEAMSオンラインサイト(cruciani)https://www.beams.co.jp/search/?q=PT+TORINO&search=true