【BIRKENSTOCK】一生の夏の相棒。20年は履ける服好きが愛してやまない「ホンモノ」のサンダルとは?

近年のファッションはストリート化が進み、ただ楽で涼しいから履いていたサンダルがファッションとして注目されるようになってきた。

便所サンダルやレザーのサンダルが最近人気ですが、昔から変わらずに定評のある老舗ブランドをご存知だろうか?

それが「BIRKENSTOCK」なのです。

歴史

ビリケンストックの歴史の画像

ビルケンシュトックの歴史は長く240年以上である。世界の靴ブランドトップ5に入るだけではなく、世界で最も有名なドイツブランドの一つでもある。日本では特にサンダルの知名度が高い。

ビルケンシュトックの製品は足のアーチを考慮した形状のフットベッドを使用し、足にフィットするように作られているのが特徴で、主にサンダルの場合は靴底はコルクなどで作られている。

また人間工学に基いて設計されているので、足のフィット感がとてもよく、デザイン性とともに機能性も重視されている。

日本ではその特徴から「健康サンダル」と呼ばれる(=混同される)ことが多く、またサンダルの割には高価であることから、一部の愛好者を除いて普及しなかった。

しかし1990年代に入り、色やデザインのラインナップが増えたことで有名たれんとが愛用するようになり普及した。

現在では鼻緒型のサンダルや、木靴型のサンダル、またサンダルのノウハウを生かした革靴やブーツも加わっているほか、流行に応じたブーツサンダル風の商品など、毎年新しい商品が発売されている。

ビルケンの名作

ビルケンシュトックは様々な名作を作り出している。

その中でも個人的にかっこいい物を紹介させてもらう。

MADRID/マドリッド

マドリッドの画像

ビルケンシュトックの記念すべきサンダル第1号モデルである。

元々は足や脚部を自然に鍛えることができる、筋力トレーニング用に誕生しましたが、今ではすっかり夏の定番アイテムにである。

ワンストラップがとても軽快で、清潔感のあるサンダル。履きやすさも抜群である。

ARIZONA/アリゾナ

アリゾナの画像

世界中で愛されているビルケンシュトック人気No.1のサンダルモデルである。

マドリッドはベルトが一本なのに対し、二本である。ベルトが二本あるのでサンダルから足が離れることが少なく、とても歩きやすい一足である。


夏は素足、春秋冬はソックスあわせで、オールシーズン活躍できる一足である。

BOSTON/ボストン

ボストンの画像

1978年に誕生した「ボストン」は、靴とサンダルの中間的存在のため、オールシーズン着用しやすい一足である。

春夏にはもちろん、秋冬にもソックスと合わせることでオールシーズン履いていただける。

またボストンはスウェードだけでなく、レザーで作られたものもある。レザーで作られたものは革靴と同様のお手入れで長く履いていただける。

レザー、スウェードともに「経年変化」を楽しんでいただける一足かと思う。

ZURICH/チューリッヒ

チューリッヒの画像

チューリッヒはユニークなデザインや快適な履き心地は、年齢、性別、ファッションを選びません。


履く人にぴったりのフィット感が多数のユーザーの心を掴んでいる。


とても履きやすいデザインなうえ、ベルトで自分の足の幅に合わせて調整できる。これも大きな利点の一つだ。

Gizeh/ギゼ

ギゼの画像

ビルケンシュトックの中では珍しい鼻緒型のサンダル。

鼻緒型のサンダルだが、ビーチサンダルなどよりも大人らしく上品のある印象。

鼻緒型のサンダルはサンダルから足が脱げやすいのが難点だが、こちらのモデルはベルトで調整することができるのでストレスフリーで履くことができる。

インフルエンサーから学ぶ。ビルケンの合わせ方

ビルケンシュトックはドイツ初のブランドです。そういった背景もあってユーロスタイルと合わせるのが一番しっくりくるかと思います。

個人的に良いと思ったインフルエンサーのコーディネートを紹介します。

デニムのオーバーオールと合わせています。

白Tシャツとビルケンの白色を合わせているのがとても統一感がありおしゃれかと思います。

クラシックなサンダルなので変にオーバーサイズにせず、ジャスト目のサイズ感がより良いかと。

こちらの方は上でも紹介した「ボストン」を履かれています。

全身をアースカラーで統一しているのでとてもまとまりのあるコーディネートになっております。

ボストンがオールシーズン履けるのでこういった秋冬なスタイルにも違和感なく取り入れることができます。

こちらの方もボストンを履かれています。

シャツの色をボストンの色味で拾うことによって、統一感がでていてとてもかっこいいかと思います。

ミリタリーのパンツにベージュのシャツを合わせると、野暮ったくなりがちですが、髪型とメガネが良いバランスに保っているかと思います。

まとめ

ビルケンシュトック の良さが十分に伝わっただろう。

カジュアル、クラシックどちらにも違和感なく合わせられる万能なサンダルは他にはなく唯一無二と言えるのでは無いだろうか?

ぜひ、自分の好きな系統に関わらず、一足は持っておきたいサンダルである。